百十六串目:毎年の恒例行事がまさか!&ほっこり

〇ライブは良いねぇ~
リハビリテーション開院二十周年記念イベントで歌手のイルカと落語家の林家木久扇が来ると聞いたので出かけて来ました。
周りの客席を見渡すとかなり年配の方たちで落語狙いと思われる。私の隣の人もそーなんだろうな~と!
第一部のリュウマチの話、これが長い!!そして、第二部のイルカ、待ってました。私はノリノリで歌い手拍子をして楽しんでいたんですが、隣の人は何故か静か…やはり落語狙いだな~
落語の前にトイレ休憩がありいよいよ落語が始まる時間に!すると、隣の人が帰って来ない…まさか、あんなに盛り上がってないと思っていたのにイルカ狙いだったとは…木久扇師匠ごめんなさい

〇大失態!?
毎年行っていたえびす講が、今年は金曜日でした。
この日は無茶苦茶忙しくて終わったら午前3時でした。
あんまりにも疲れたので、今年は止めようか・・・ということで行くのを止めました。
えびす講の後、いつも行っている鬼の家(おにのや)さんにはメールで「行けずごめんなさい」と打ち後日 日曜日に鬼の家に行ってちょっと遅いえびす講になりました。
お飾りも変えず、毎年鬼の家さんによると(毎年会える飲食店の先輩方にも会えず)先輩方が心配していた事を知りました。
先輩方にも申し訳なかったです。
店始まって以来の失態。大事件でした。
※写真は友人からいただいたものです。来年からまた仕切り直しです。

〇ほっこりな出来事
この間の土曜日に来店された初めてのお客様がいらっしゃいました。
しばらく飲食された後、「大将、東京蒲田のえちごやさん知ってる?」と聞かれたので「友達ですよ」と答えました。
話を聞くと、たまたま出張に行ったお客様が入ったお店が えちごやさんでした。
飲み終わって領収書をもらうために名刺を見せたところ名刺の住所から「かさい」が知り合いただと伝えてくれたようです。しかも出張から数日で来店してくれたお客様に感謝です。その旨をえちごやさんに電話したら喜んでくれました。
えちごやさんは年齢も近く一緒に働いていたこともあり、お互いに店を始めた時期も同じでいろいろ縁がある仲です。
お互いに同じ定休日なので行くことはできませんが、今でも交流は続いています。
お客様を通じてやっぱり縁があるんだなぁ~とほっこりしました。