六串目:夏の思い出は大きすぎる!

7月26日の定休日にツインメッセの人体博に行った帰りに事故に遭いました。
すぐに救急車が来てそれから1週間、身動きの取れない生活を強いられました。

すっかり元気になりました!救急車と聞いて、すぐに思い浮かんだのは店のお客様でもあるお医者。
どこの病院なのか?と聞くよりも早く○○病院へ行ってくれ!とお願いしましたが当番医ではないとの理由から断られました。1度はこの当番医の病院に行ったのですが、家族が世話できないとの理由で翌日近くの病院に転院させていただきました。

こちらの病院では本当にお世話になりました。
痛み止めの座薬から寝返りをはじめとした身の回りの世話etc...若い看護婦さんにあれこれお願いするのは恥ずかしいと思うよりも「早くこの痛みを取ってくれ!」という思いだけ。なので痛みがきつくなると「座薬をお願いします。」するとすぐに看護婦さんが来て処方。すると痛みがスゥ~~~ッと引いていきます。
看護婦さんも偉いけど座薬も偉い(笑)

そんな1週間。

そして肺に溜まった血を取り除けば、退院してもOKということでした。
※鎖骨の骨折は完治までに2~3ヶ月かかるそうです。

身体中ギプスらしいものはしていますが、手だけはキッチリとギプスがはめられ、そのおかげで風呂に入れません。汗をかく夏にギプス。これもツライ出来事でした。

そして困ったこと。
それはナースコールができないこと。
当たり前と言えば当たり前ですが、ナースコールが家でできれば本当に便利ですが、家族にこれを強いるのは遠慮もあり躊躇します。

こんな中で起きた地震。
退院して店舗上にある自宅で遭遇しましたが、自分で動けないので「あぁ~~~、助けてくれぇ~~~」と上で寝ている家族に携帯電話で呼び出すだけで何も出来なかったこと。一家の長として情けなくなりました。(涙)

お店の被害は醤油が1本割れただけ。
お客様がキープしていたお酒は全て無事でした。
これだけはホッとしました。

お店の固定電話から事故の心配とお店の心配をしていただきました。
本当にありがたく、感謝感謝です。
おかげさまで9月7日から再開することが出来ました。

今度はお客様に心配していただいた感謝を私が返したいと思います。
どうぞ、新生かさいをよろしくお願いします!

※コラムに書けないエピソードはご来店の際にお話しまぁ~す。