三串目:毎日が歓送迎会

お店の周りには単身赴任の方たちのアパートが多くあります。
新しい土地に来たときは家の周りにどんなものがあるのか探しているようです。
3月の終わりから単身赴任の方かな?というお客様が増えました。
初めてなので少しキョロキョロしながら1人でお見えになる方が多いです。
もちろんウチのサイト(HP)をたよりに来店する方も・・・(笑)

食事代わりに立ち寄り、お店の雰囲気と味、そして料金を気にしながら常連になるお店を見つける・・・そんな時期です。
そんな様子を見つけると「(お家は)この近くですか?」と聞き少しずつお店の紹介をしています。
季節なんですね、今の時期はこんな会話が多くなります。
お客様も忙しいけど、私も別の意味で忙しい時期です。

新しくやってくる方がいれば、逆に静岡を去っていく方もいます。
先日、異動のために転勤する常連さんの送別会をお店で開かせていただきました。
お店は日曜日でお休みでしたが、昼間からこの常連さんを惜しむお店の常連さんたちが集まり賑やかに開催!
去っていく常連さんを泣かせてやろうと寄せ書きをしてみたり・・・いろいろな思い出話に花が咲き、さんざん飲み食いした後、もうこれが最後だ。と思っていたその時!

「はい、親方!」と私に手渡されたのが"かさいの卒業証書"!?
学校の先生でもあるこの常連さんがお手製で作ってきたものでした。
そこには思い出の写真も貼ってあり、文章も泣かせます。丁寧にラミネート加工までしてありました。

この演出には私もヤラれました。
すごい演出でした。卒業証書は私が読みましたが声が詰まってしまい、もちろん常連さんも、そして集った常連さんたちもみんな号泣でした。
"かさいを卒業"
そんなこと誰も想像しないこと。

これを作ってくれた常連さんは普段から生徒に感動させることをしているようなので、こういう演出がウマい!
たかだか店で知り合っただけの関係なのにここまでしてくれると、お店をやっていて良かったなぁ~とつくづく思います。

いつまでもお元気で!そしてまた静岡にやってくる時はぜひお立ち寄り下さい。