八串目:治療をはじめて早3ヶ月!

事故に遭ってから毎月病院に診察に行き始めて早3ヶ月。
普通なら鎖骨がくっついてくる時期なんだそうです。でもくっついてこない・・・どうやら治りが悪いというのが現状のようです。
ここで新兵器登場!超音波治療器です。
事故に遭ってから3カ月経ったので使えるようになったようです。
この治療器を患部に当てると骨ができやすくなるようです。
でも、超音波は目に見えないのでホントかな?と少し疑問です。

そんな私の気持ちとは裏腹に治療中に”ピィ~~”っと音がします。
患部に当てた器具が少し離れただけでいつも(機械に)叱られています。
1回20分の治療器。じっとそこに座っている方が身体に悪いんじゃないかと素人的には思ってます(苦笑)。

超音波で骨がくっつくなんて胡散臭くないですか?
そう思ってサボろうとすると、カウンターが付いていてサボると全部バレちゃいます!
動くと怒られ、カウントして私を戒め、、、ここしばらくはこの機械に振り回されっぱなしです。
これだけ制限されていますから1ヶ月後のレントゲンが楽しみになるのは当然です。
これで治っていなかったらどうしましょ?私の身体が骨がつきにくいのか?この機械ごときでは無理なのか・・・

それに加えて、この機械の治療代が高いです!
レンタルなのに(保険料自己負担分)○万円。
支払う時にビックリしました。(もっともこの治療代はあとで保険屋さんから返ってきますけどね・・・)

この治療は自宅で行っていますが、病院のリハビリには毎日午前中に行っています。
今までの睡眠時間を使って病院ですから忙しいです。
温泉治療から赤外線治療やマッサージで約1時間ほど・・・この間お医者さんに言われました。
「強い骨だったらよかったのにね」と。事故に遭う前に強い骨を作っておかなければいけなかったようです。

こんな状態ですけど、年末に向けて頑張らないと!
無理しているように思えるかもしれませんが、普通の生活は問題なくできます。
店の中でもお客様に気付かれることはほとんどないです。気付く人はこのコラムを読んでいる人くらいではないでしょうか?(笑)

ここまでできれば完治したなと思えるのはキャッチボールができて草野球に参加することです。
勿論来シーズンですが、草野球ではすでにストーブリーグが始まっていますのでこのままではチームから戦力外通告されてしまいます。
焦らずにじっくりと治療に専念します!