二十串目:からっ風の会&エビス講

からっ風の会に行ってきました。
毎年 花の舞酒造がからっ風の出来るこの頃に開催され、今年は浮月楼で行われました。
いつも飲み放題なので楽しい会です。

せっかくなので高田社長と若き杜氏さんと一緒に写真を撮らせていただきました。
からっ風は かさいに用意しています。
スイスイと飲みやすいお酒なので注意しましょう。(^^)

この日はお酒の他に焼津出身のピアノ弾き語りシンガーソングライター「yosu」のライブもありました。
優しい歌声に癒されました。

さてさて、エビス講。
毎年10/19に商売の神様エビス講(横田町西宮神社)に行っています。
来年もお客様がたくさん来ますように!と願をかけに今年も行ってきました。

生まれが伝馬町界隈だったのでこのお祭りには思い入れがあります。
私の小さい頃は静銀伝馬町支店~横田町の十一屋って駄菓子屋さんまでずらっと出店が並んでいたものでした。もちろん通行止めで。
学校が終わると出店の並ぶ中を行ったり来たりして遊び、翌朝学校に行く時にはまだお店が残っているくらい賑やかだった思いがあります。
あの頃は、神社がどこにあるか?なんて関係なくて神社に入ることも、神社の場所も知らなかったし西宮神社の名前を知ったのは大人になってからだから どれだけお祭りが楽しかったのか想像がつきます。
でも今では規模を縮小してしまって仕事終わりの夜中1時に行くとお店もポツリポツリとしかなくて寂しく感じました。

・・・とは言っても商売繁盛の神様ですから縁起物を買いに行きます。
縁起物は毎年同じ所で10数年買っていますから お店にはすでに名前が書かれた縁起物が用意されています。(^^)
いつものお店は境内の中にありますから、お参りする時「帰りに待ってるよ」と声をかけられお参りの後帰りに寄りました。
昔から言われているのは縁起物は他の人に買ってもらうのがいいと言われています。一番いいのはお客様に買ってもらう事ですが、それはちょっと無理ですね(^^;)
そんなこともあっていつも同業者の仲間と一緒に出かけています。
同業者同士で縁起物を買い合うことで縁起を担ぐことにしています。
この時の買い方は、縁起物ですからまず値切ります。
例えば一万円の物を紹介され「高いな、もう少し負けてよ」と言い「じゃ、九千円」と値切ったところで一万円札を渡し、「釣りはいらないよ、ご祝儀だ」っていう買い方。
なんだ、結局一万円払うんじゃないか!って思うかもしれませんが、こんな言葉遊びを続けています。

さてさて、縁起物も手に入ったし来年もご利益が入るように頑張ります!