四十三串目:ワール丼に参加しています!

毎年特定の食材から各店が工夫を凝らした料理を出品したフーデストグランプリが開かれており、毎年参加していきました。今年は名称を「グルメワール丼カップ」に変え丼ぶり対決です。
※ネーミングが面白いのでかさいも参加しています。
打合せに参加できなかったので詳細なことはわからず、チラシがどこに、いつあるのかを知らされていませんでした。
ところが、私も見ていなかったチラシを見て予約の電話が鳴りました。
「アルコールを飲まないのですが3人で、丼ぶりだけの注文でもいいですか?」
もちろんOKです(^^)。
急いで仕込をして丼ぶりの用意をしました。
ちょうど準備ができたところへお父さんと中学生の兄妹 3人がお店にやってきて、カウンターに座ってもらったところ(ネタケースを見て)「うわぁ~美味しそう!」ということになり注文伝票に機関銃のごとく書き入れて注文が入りました。
その量が半端じゃなかったので「丼ぶりの他にこんなに食べるんですか?」と念のために聞いたら無邪気に「ウン」と答えるのでバンバン焼きました(^^)。
お皿を出せばすぐに食べてしまうので気持ちいいくらいの食べっぷりでした。
丼ぶりはもちろん完食!美味しいと評判をいただきました。
それを見ていたお客さんが「えっ、丼ぶりなんて(メニューは)あるの?」と聞かれましたが、飲んだ後の〆には量が多すぎます(^^;)。
でも、お酒飲まない方や食事したい方はぜひご賞味ください。美味しいですよ!

グルメワール丼の公式サイトはこちら

---

それから・・・
今、小学校、中学校では地域の仕事ぶりとか働きぶりとかを取材する宿題があるようです。
今回は中学生が取材に来てくれました。
かさいがある研屋町の新聞を作ろう!という事でいろいろインタビューされました。
来てくれた娘さんは常連さんのお嬢さんだったので夜の営業の時に来ては食事をしてくれたので顔なじみでしたが昼間会ってインタビューされると新鮮な感じですね。
インタビューとは別に写真を撮るために夜常連さんと一緒に来て写真撮りながらガンガン食べてました。
この新聞は夏休みの宿題だったらしく、最近手元に返されたようで お店に持ってきてくれました。
それが右の写真です。
(拡大したものが下の写真)
店内に貼ってあるのでご覧ください。
このときたまたま居合わせた某スポーツ新聞の支局長にこの新聞を見せたら「ぜひウチの社に来てください」と内定をもらっていました。
どんな青田買いなんだよぉ~(爆)